徹底的なムダの排除でガス料金節約

徹底的なムダの排除でガス料金節約

 

夫婦2人暮らしで、賃貸アパートの1LDKです。都市ガスです。
ガスは、主にお風呂、シャワー、コンロ、寒い時期のみ食器を洗う時や、手を洗う時にも使用します。
ガス料金は、夏は2,500〜3,000円くらいですが、一番高い冬だと5,000〜6,000円くらいまで跳ね上がります。
節約を常に心がけているので、毎年安くなっています。

 

徹底的に無駄を省くこと!

 

ガス料金の節約方法に関しては、まずは徹底的に無駄な使用を控えることが大切です。

 

お風呂や料理など、ガスは必需品です。

 

シャワーを使わない、というわけにはなかなかいきませんので、無理矢理我慢するのではなく、無駄な部分から省いていきます。

 

電気代でいうところの「待機電力」などがそうですね。

 

お風呂は、追いだきに多くのガスを使用します。

 

よって、可能な限りお風呂が冷めないうちに、立て続けに入る必要があります。

 

もちろん、家族の仕事などの都合上、どうしてもすぐに入れない場合は仕方がないので、他の方法を考えます。

 

次にシャワーです。

 

当たり前のことですが出しっぱなしにしない、必要以上には使わないことです。

 

そして、我が家では節水できるタイプのシャワーヘッドに交換しました。

 

水道代を節約するものとして言われていますが、もちろんその分のガス代も節約できます。

 

もともと付いていたシャワーヘッドと同様の水圧で使用できます。

 

つまり、感じ方は同じなのに使用する水の量(=ガスの量)が違うので、これこそ無駄というものです。

 

すぐに壊れるようなものではないので、元は取れると思います。

 

ガスコンロは、着火に多くのガス代がかかります。

 

ここは逆にこまめに切るのではなく、付けっぱなしですぐに違う鍋を置いたりして、出来る限り着火を減らしています。

 

煮込み料理を我慢する、といったことはしたくないので、電子レンジで一度加熱したり、フタをしたりしてなるべく時間を減らすようにしています。

 

また、お湯を沸かすのはガスコンロを使用するより、電気ケトルの方がお得です。

 

もちろんその分の電気代は上がるのですが、比較したところ、ガス代の方が高いように思います。
(時間も、ガスコンロの方がずっとかかります)

 

食器はためてから洗うようにし、冬場はゴム手袋をしてなるべくお湯を使わないようにしています。

 

こういった少しずつの工夫で、何も考えずに使用していた頃と比べると月に1,000円近く安くなりました。

 

 

年間だと大体10,000円くらい浮いていて、今のところ別によけて貯金しています。

 

まだ、何に使うかは決めていませんが、ある程度貯まったら夫と旅行に行くか、2人のために何か購入したいと思っています。

 

 

 

《人気記事》
ガス代節約方法公開 そのLP・プロパンガス料金、納得してますか?
ガス代が高い節約がしたい。その前にLPやプロパンガスの価格。プロパンガス会社によって価格は自由に決められる為、料金の比較からスタートすることが節約の第一歩と考えています。料金の見極め方や比較しやすいサイトを紹介しています。