無理のない今すぐ出来るガス代節約!お風呂、キッチンの「泡切り」してますか?

ガス代節約!お風呂、キッチンの「泡切り」

 

夫婦二人暮らしで転勤族、賃貸アパート2LDKの部屋に住んでいます。
都市ガスと比べて高いプロパンガスをお風呂とコンロで使用しています。
それでも年間のガス代の平均は月8,000円ほどで抑えています。

 

 

泡切り

 

キッチンでもお風呂でもしっかりと泡切りをして月500円の節約、月500円程度しか節約出来ないところがデメリットですが、いつでも、気がついたときに、気がついた人が実践出来るところが「泡切り」の良いところだと思います。
無理な節約は長続きさせることが大変です。そして、主人はおおざっぱなので、気がついた人、つまり私が実践して主人にはあまり強制しません。
家で口うるさく節約、節約、と言われたら嫌がられそうですし、口うるさくいう方もストレスになります。
それならば、気がついた人が気がついたときにやればいいという気軽なスタンスで始めた節約方法が「泡切り」です。始めてから月500円程ガス代が安くなりました。

 

ガス代節約というと、お風呂の湯船のお湯を少なくしたり、シャワーの設定温度を下げたり、シンクの洗い物はお水とゴム手袋でお湯は使わないなどの方法があります。

 

しかし、お皿洗い、ゴム手袋しても水が冷たいですよね。最後のすすぎくらいお湯を使って手を冷やしたくないです。

 

ところでみなさん「泡切り」ちゃんとしていますか?

 

お皿洗いをするときに、洗剤のついたスポンジでお皿洗いをしたら、お皿についた泡を一度切ってからすすぎます。
一手間余計にかかりますが、お湯を使って食器洗いをするなら「泡切り」をした方が使うお湯は少なくて済みます。

 

この一手間の「泡切り」はお風呂の給湯でも使えます。お風呂もコンロもガスの場合、ガス代の7〜8割はお風呂の給湯で使っています。お風呂場でのガスの節約は効果が実感しやすい場所です。

 

使っていないときにシャワーを止めることはしてもお風呂でこの「泡切り」を意識されている方は少ないのではないでしょうか。

 

シャンプーをした後にさっと髪をまとめて「泡切り」していますか。シャンプー後すぐに泡だらけのままザーザーとシャワーで流していませんか。
あまり強く絞ってしまうと髪を傷めますので、軽く泡を取り除くように優しく「泡切り」してください。
その後にシャワーで流すとシャンプーが落ちやすく、すすぎ時間の短縮にもなり一石二鳥。ガス代の節約にも効果的です。
トリートメントは洗い流さないものを使えばガス、水道、時間のトリプルの節約になります。

 

シャンプーはもちろんですが、洗顔フォーム、ボディソープもそれぞれ泡切りが出来ます。洗顔フォームは洗顔後に優しく指の腹で落とします。先に手を洗ってから顔を洗うと無駄なお湯を使わなくて済みます。ボディソープも、一度すすいだタオルでざっとで良いので拭ってからシャワーで洗い流すとお湯の節約になります。キッチンでもお風呂でも「泡切り」に慣れると無理なくガス代の節約が出来ます。

 

 

節約で貯めたお金で本格中華レストランへ

 

月500円×12=6,000円が節約出来たので、この赴任地で有名な中華レストランへ主人と行きたいです。主人は転勤族で、私も働いていて中々旅行が難しいので普段は気軽に食べられない美味しいものを食べに行きます。

 

劇的にガス代を安くすることは出来なくても、普段のちょっとした心掛け、「泡切り」の一手間でプロパンガスでも月500円位は安くなります。特に台所の洗い物で「泡切り」の癖がついていると、思わぬところで得をしたりします。
職場の給湯室にある小さな流しで当番で全員のマグカップを洗うときに「泡切り」をしていたら大先輩に「ちゃんとしてるんだ偉い」と褒められました。
大先輩はお姑さん世代です。ガス代節約から始まった丁寧な暮らしのお陰で職場で雑用もキチンんと手を抜かずしている人だと思ってもらえたようです。