夏場の湯船を工夫しプロパンガス代料金節約方法

夏場の湯船を工夫しプロパンガス代料金節約方法

 

うちは2人家族で、間取りは2DKです。
プロパンガスなので高くつくのですが、ガスは主としてお風呂とシャワー、それから台所のコンロで使います。
コンロはほとんど使わないので、メインはお風呂とシャワーです。
だいたい月に平均して1万2000円ぐらいかかります。
お風呂に毎日入る習慣があるもので、どうしてもそれぐらいはかかってしまいます。
プロパンガスなのでどうしても高くなるので、なるべく節約して、お風呂に入る日を減らしたほうがいいと思うのですが、お風呂は毎日の生活の一番の楽しみなので、ちょっとはずせなくて、仕方がないと思っています。
お風呂にお湯をはって湯舟につかり、さらにシャワーも使うので、それでガス代がかかってしまうのですね。なるべく節約するようにつとめてはいるのですが・・・

 

お風呂にお湯をできるだけ少なくはる

 

お風呂とシャワーがガス代を高くしてしまっていることは分かっているので、プロパンガス代節約のために、お風呂にはるお湯の量をできるだけ減らすようにしています。

 

湯舟の3分の1か4分の1ぐらいにして、ほとんど足湯のようにしていますが、それでもある程度はお湯に浸かってゆっくりとできるので、満足できます。

 

ただ、寒い時期にはあまりお湯が少ないと冷えてしまい、風邪をひいてしまうなどのデメリットがあるので、あまりお湯の量を減らせなくて困りますが。

 

夏場には風邪をひく心配もないので、ほとんどお湯をはらないで、シャワーを主として使い、プロパンガス代を節約しています。

 

その方法で、何とか月に2000円ぐらいは節約ができているのではないでしょうか。

 

けれども、息子が休日の日には、湯舟にいっぱいにお湯をはったり、長時間シャワーを浴びたりするので、それでガス代がかかってしまい、あまり節約ができません。

 

夏場には気温が高くてガスもあまり使わなくてすむので、夏のうちに節約しておこうとしています。

 

プロパンガス代を節約して外食代に

 

プロパンガス代をなんとかして節約して、1年に24000円ぐらいは浮かせることができるので、その分は外食代に回すことにしています。

 

たまに居酒屋に行って、思い切り食べ物を頼んで食べたり、飲んだりといったことに使います。

 

食べることも生活の楽しみの最大のものの一つなので、たまにおいしいものを思い切り食べるというのは楽しいです。

 

息子が大食いでかなり量を食べるため、居酒屋で一回思い切り飲み食いするとそれだけで1万円ぐらいはかかってしまいます。

 

なので、あまり何度も居酒屋には行けないのですが、最低2回ぐらいはプロパンガス代を浮かせたお金で飲み食いができるので、それが楽しみになっています。