家事、料理、お風呂コマメにガス料金の節約

家事、料理、お風呂コマメにガス料金の節約

 

主人と私の2人暮らしで2DKの賃貸マンションに住んでいます。
家にあるガス使用機器はガスコンロ、水回りの各種水道のみです。
1か月のガス使用量は夏で2500円、冬で6000円程度です。
夏はお風呂のお湯をためないことと、お湯を使うことが少ないことから安くなっています。

 

ガス代節約方法ですが、まずガスコンロですが、圧力鍋を使います。

 

そうすることで煮込み料理でも点火している時間はかなり減ります。

 

ゆでたまごを作る時も、沸騰したら火を消して蓋をして蒸らしてゆでる方法を取ったりして、ねるべく短い時間しか火をつけないようにしています。

 

また、食器洗いなどキッチンで水を使う時は厚手で裏起毛のゴム手袋を使います。

 

すると水でもさほど冷たくありません。

 

お皿洗いではかなりの水を使用しますので、この節約方は効果絶大です。

 

お風呂には夫婦で一緒にはいります。

 

我が家の浴槽は追い炊き機能がありません。

 

1人が入り終わったころにはお湯が完全に冷めていて、つかる意味もなくなっているので同時に入っています。

 

また、その日の気温によってお湯の温度を使い分けます。

 

1度違うだけでもガス代は変わってきますので、そこまで寒くない日なら浴槽のお湯の温度は2度下げるなどしてガス料金節約しています。

 

水道代、電気代も減るのでおすすめです。

 

現在のところ2人暮らしなのでこの節約法にデメリットを感じることは少ないです。

 

強いて言うならば、1年で一番寒い時期ではゴム手袋でも水に手をつけていると手がひんやりすることと、2人でお風呂に入ると狭いことでしょうか。

 

主人には気にすることなく、冬でもどんどんお湯を使ってもらっていますので、主人が不便に思うことはないと思います。

 

もともと使用量が少ないため、ガス料金の節約できている金額は少ないと思いますが、冬に関しては月に2000円は節約できているのではないかと思います。

 

塵も積もれば山となる、長い目で見ればこの節約の影響は大きなものになると思います。

 

私は心配性で、老後のことが気になって節約しています。

 

ですから、節約したら貯金に回すことがほとんどです。

 

水道光熱費のお知らせが来ると毎月チェックして喜んだり反省したりしています。

 

ただ、そればっかりでは疲れてしまう時もあります。たまには外食したり、旅行に行ったり・・・水道光熱費だけではなくすべての面で生活費の節約を試みていますので、少しは楽しみに使わせてもらっています。

 

子供が出来たら子そこまで気にしてられなくなるかもしれませんが、今後も続けていきたいと思っています。