ガス料金節約法はシャワーは使わず湯船に変更 ガス代節約方法公開 そのLP・プロパンガス料金、納得してますか?

ガス料金節約法はシャワーは使わず湯船に変更

夫婦二人暮らしです。賃貸物件に住んでいて、1LDKのお部屋でガス使用機器はエコジョーズです。ガスはお風呂で使用します。
料理はIHを使用しますので、ガス代はかかりません。
ガス代は夏場で3,000円程度、冬場は9,000円程度で高いときには10,000円を超すときもあります。

 

あらかじめ使うお湯を沸かしておく

 

我が家では節約を始める前はシャワーのみが基本でした。

 

さらに冬場にはお風呂もためてシャワーも使うことが多かったです。

 

その他にも追焚き機能を使うこともありました。

 

ガス節約を始める前まではガス代のことは一切何も気にしていない状態でした。

 

そこでガス代を節約するため夫婦二人で一緒にお風呂に入り、基本的にシャワーは使わず、毎日湯船に浸かることにしました。

 

頻繁に使っていた追焚きも使用しません。

 

お湯の設定温度はだいたい41度ぐらいです。

 

シャンプーや体を洗うときはお風呂のお湯を桶ですくって使います。

 

そしてお風呂から上がるときに洗い残しがないようにシャワーで全身を軽く流すという方法です。最後のシャワーは一人一分もかからない程度です。

 

このときのシャワーの温度は38度くらいです。

 

 

メリットとデメリット

 

メリットは毎日湯船に浸かることができる点です。

 

今まではお風呂はシャワーだけという日もありましたが、毎日湯船に浸かることにより、体の芯まで温まることができます。

 

シャワーだけのときとは体の温まり方が違います。

 

主人はこの時期ちょうど痔になっていて、お医者さんから湯船に入りなさいと言われていました。

 

湯船に浸かることで血流の流れも良くなり痔もすぐに良くなりました。

 

デメリットとしてはお風呂のお湯をシャンプーなどに使うため少しずつお湯が減っていくことです。その分お湯の量を少し増やして使っています。

 

 

結果

 

今年の冬場このような方法でお風呂に入り、去年の同じ月のガス代と比較してみると、去年は9,204円だったガス代が、今年は5,743円と約3500円の節約ができました。

 

他の月も安定して3000円程度の差がありましたので、この方法は効果があったと感じています。

 

ひと月に3,000円ほどのお金が浮けば、年間で36,000円も節約することができます。

 

私たち夫婦は温泉が好きなので、これだけの金額が年間で節約できれば、一年に一度温泉旅行が一泊できる金額だと思います。

 

お風呂で日々節約を頑張って、ご褒美として気持ちの良いお風呂に入ることができると考えれば、ずっと続けることができる節約方法だと思います。

 

 

 

《人気記事》
ガス代節約方法公開 そのLP・プロパンガス料金、納得してますか?
ガス代が高い節約がしたい。その前にLPやプロパンガスの価格。プロパンガス会社によって価格は自由に決められる為、料金の比較からスタートすることが節約の第一歩と考えています。料金の見極め方や比較しやすいサイトを紹介しています。